※スタジオでの撮影の合間に冗談で撮った写真を加工、こんなのが実際に貼ってあったら当選しても即リコールされるだろう(爆)。

 

 

 ○○戦を前に各候補が熱い思いを胸に制作するのが○○用ポスターである。自身のイメージを有権者に画像で直接伝える・・云わば最もアピール効果のある宣伝手法がこのポスターと言えるだろう。当後援会と明石本人もこの制作にはアイデアを結集、撮影にも30代新進気鋭の若手写真家を起用するなど万全の体制で臨んだ。

 

 10月某日、写真家の提案や本人の希望をスタジオでぶつけ合いながら構図の集約をはかり、実に2時間あまり・・80ショットを超える写真の中からノミネート作品20枚を選出、更に半月以上をかけた協議検討の末、ここに紹介する5枚を厳選、現在に至っている。後日正式に決定された写真は、当サイト編集者によるIT技術を駆使した細部にわたる手直しを経て印刷所へ持ち込まれる。

 

 初出馬となった前回の改選では、あえて上着を着用せず真っ赤な背景に青Yシャツ、「魂をこめて・・・」のスローガンで勝負、幸運にも初陣を飾る事ができた。今回は「笑顔」、「誠心」、「毅然」のイメージで原案を練り・・・

 @素のままの自分を表現できるような写真

 A若くてノンキャリアでも議員として頑張れる事を伝えられる写真

・・・である事を大命題にしてスタジオに入った。若手写真家の才能に大いに助けられながら、何とか満足のいく出来栄えになったと思う。

 

 また洞察力に長けた方なら、ご覧になって黄色いネクタイのほころびに気がつくかも知れない・・・が、このネクタイは私が初当選した当日深夜、事務所で祝勝の謝辞をみんなに述べた後、後援会員の有志から贈られたネクタイである。3年以上も愛用しているのでほころんでしまっているが、次回のポスターではネクタイは是非これを使いたいと、貰ったその日から決めていたものなのであえて着用したものである。

 

 

 

※同業の方もそうでない方もお気軽にどうぞ・・・(苦笑)

観てみよう やめちゃおう