▲記事リストへ 新規投稿 留意事項 使い方 話題一覧 検索 ホーム

注意

■誹謗中傷、わいせつ等公序良俗に反すると判断した書き込みは直ちに削除致します。
■当BBSではIP等書き込んだ皆様の個人情報を一時的に保有させていただいております。
■レスに数日時間を要する事もありますのでご了承下さい。

■ 記事閲覧

題名:反対討論原稿(未登壇) 再投稿版
名前:明石ひろやす  メール


ただ今議論されております請願第2号「原発事故関連放射性物質の
受け入れ反対について」、また請願第3号「放射性セシウムを含む
焼却灰の受け入れ再開への反対について」、以上2件の閉会中継続
審査につきまして反対の立場から討論させていただきます。

私は9月議会の一般質問でも述べた通り、今回の大震災に起因する
深刻な放射能汚染に対して、処理施設を有する全国の自治体が共助
の精神で手を差し伸べる事が、私達の誠意でもあり義務でもあると
痛感しております。また、2,000万トン以上と推定されている
がれきなどその全てを処理施設を被災地各地に新たに建造して現地
処理しろとなどいう考え方自体が、その膨大な時間と費用を考えれ
ば暴論と呼ばざるを得ないとも思っております。

請願書では受け入れ反対に関する提出者の所見はありますが、しか
らば放射性物質をどう現地で処理するのかといった具体的な対案に
関しては何一つ触れられておりません。学識者の中にはTVで堂々
と「東北の物は子供は一切食べるな」と言ってのける不遜な輩や、
自身のブログにて「汚染物質の全てはもともと東電所有のもの、原
発跡地に一極集中させて東電に返せ」などと福島県民の感情を逆な
でする輩までおり、こうした議論が横行している事を危惧してやま
ないのは私一人だけではないはずです。

今12月定例議会の一般質問の市長答弁の中で「今までは放射性物
質の有無が論点となっていた」という話がありました。私は「放射
性物質が1ベクレルでもあるならダメだ」といった科学的根拠に乏
しい『有無の議論』を一刻も早く収束させ、「どこまでなら安全だ」
「このくらいまでなら引き受けられる」といった現実的な議論に移
行して欲しいと心から願っております。

同僚議員の皆様の多くが、被災地のあの惨状を幾度も目の当たりに
されていると思います。彼らが以前の生活を取り戻す為の最大の障
壁になっているのが、放射性汚染やがれきの除去です。今こそ人類
の叡智を結集させて一刻も早く、この放射能を封じ込める努力を一
丸となって始めるべきであると私は信じています。その信念故に本
日この場で敢えて登壇させていただきました。

2件の請願を提出された方達も地域や子供の未来を心配なさってい
るのだとは思います。しかしながら今まで述べました通り、今回の
請願に関しましては、私はこれから当市が速やかに協議すべき多く
の事を勘案すれば、到底賛同出来るものではない、不採択に相当す
るものであると断ぜざるをえないものであります。

以上をもちまして、本2件の請願を継続審査とする事への反対の討
論とさせていただきます。ご静聴ありがとうございました。


→返事を投稿
2014年08月25日23時49分(月) 話題:769 親番:773 番号:774 (202.157.103.68) 再編集/削除

■ 関連記事

  • 放射性物質を含む焼却灰の受け入れについて 再投稿版 : 明石ひろやす 2014年08月25日23時15分(月) 番号769

  • 管理用 (C) Apps Page.