▲記事リストへ 新規投稿 留意事項 使い方 話題一覧 検索 ホーム

注意

■誹謗中傷、わいせつ等公序良俗に反すると判断した書き込みは直ちに削除致します。
■当BBSではIP等書き込んだ皆様の個人情報を一時的に保有させていただいております。
■レスに数日時間を要する事もありますのでご了承下さい。

■ 記事閲覧

題名:最終日舞台裏 前編 再投稿版
名前:明石ひろやす  メール

反対討論原稿を携え自宅を出たのが11時半。午前の議会運営委員会
とかで私の話出ているだろうなぁ〜と苦笑しつつ市役所そばのうどん
屋さんに入る。なんか見た事ある人達が昼食をしている・・・オヤジ
仲澤誠也氏・・・そして・・・議運委員長のサブマリン伊藤たけし氏
・・・ゲロゲロ〜ッ!!(古!)

「★☆○●×÷!!(15日北鹿1面参照)」あ〜だこ〜だと文句を
タラタラ言われるがディフェンスに徹する。昼食後庁舎で待ち受けてい
たのは会派会長吉原氏。「本当にやるのか?(登壇を)再考出来ない
のか?」・・・会派の仲間からのこの攻撃はマジ辛かった。普通なら
「頑張れよ、後ろで応援して聞いているからな」なのに今回私の登壇
を支持してくれる人は誰もいない・・・初めての経験だ。

議論になっている請願2件、継続審査となった今回は無理でも、近い
将来採決に持ち込めれば確実に不採択で退ける事が出来る。3月には
がれき処理の大きなムーブメントが起きているだろうから、継続審査
を選んだ議員の半数以上が請願不採択に踏み切るだろう。だが今に
限って言えば単なるドンキホーテ、孤軍奮闘というヤツだ。

12時半過ぎ(開会約30分前)、会派の打ち合わせが始まった。
「今回、いろいろ考えましたが登壇させていただきたいと思っていま
す。厚生委員の田中議員には本当に申し訳なく思っています。また、
皆様にも同様の思いで討論の前に謝罪させていただきたくよろしく
お願いします」と述べた。さらに「採決になったら私の事はかまいま
せんので継続審査に賛成していただければと思います」と付け加えた。

その時ドアが開いた。開会直前に私に討論の取り下げを促す動きがあ
るのは覚悟していた。私が一番苦手?(汗)とするオヤジかサブマリ
ンの両氏いずれか1人、あるいはその双方が揃ってかなとは思っていた。
だが入ってきたのは他会派の議員2氏、1人は私が平素「ラストエンペ
ラー」と呼び警戒してやまない大先輩のお方だった。

恫喝なら全面戦争だと身構えた私だが、ここから事態が急変する。

(後編へ続く)



→返事を投稿
2014年08月25日23時40分(月) 話題:769 親番:771 番号:772 (202.157.103.68) 再編集/削除

■ 関連記事

  • 放射性物質を含む焼却灰の受け入れについて 再投稿版 : 明石ひろやす 2014年08月25日23時15分(月) 番号769

  • 管理用 (C) Apps Page.